フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業
フジ総業

マグネシウム合金とは

マグネシウム合金の安全性

 マグネシウム合金は、活性な金属であることがよく知られています。また、旧来のカメラのフラッシュ材料や
マグネシウム薄箔の酸化実験などから、先入観としてマグネシウムは「危険だ」などと言われることがよくありました。
しかし、マグネシウムの活性な特徴をよく理解し、十分な知識と準備のもとに作業が実施されれば、他の金属と同様に問題なく取扱可能な金属なのです。

図1 マグネシウム取り扱い中における災害状況

マグネシウム取り扱い上の注意(取扱ポイント及び事故例)

材料保管
>①不燃性構造であること
>②雨漏り、水漏れがないこと
>③換気、通気がよく室内は感想、異常に上昇しない。
>④金属容器やパレテーナに収容し水寝れを避ける。
>⑤可燃物(油の付着したウエス等)や水分などの混入を避け、自然発火を防止する。

旋削加工
>①切削油
 a)不水溶性切削油の使用を原則とする。
 b)切削油がバイト刃先に十分に注がれるように注意する。
>②切り屑処理
 a)バイト刃先部及びNC旋盤内からの切り屑排除は速やかに行う。切削油により外部へ流出か、こまめに
  除去する。
 b)機械の外へ排除した切り屑は、出来るだけ速やかに加工機の側から除去し、保管する。

フライス盤加工
>①旋削加工と同様
>②切削加工でのバイト刃先は1カ所であるのに対して、フライス加工では2刃以上であるので1刃あたり
 の送り量が必要以上に小さくならないように注意。(微細切り屑発生防止)
>③スロアウェイチップを用いる場合は、ネガティブタイプでなく、ポジティブタイプを選定すると良い。
>④エンドミル及びメタルソーを用いた深穴加工や深溝加工では、切り屑の排出には注意する。
>⑤切れ味の落ちたチップは、こまめに取り換える。

鋸盤加工
>①材料表面に付着している異物をショットブラスト等で除去する。
>②鋸盤の鋸刃は、良く研いで鋭利なものとする。
>③帯鋸盤から出る鋸くずは一定時間毎に履き集め、鋸盤内及び周辺には鋸屑が堆積しなようにする。

グラインダー加工
>①グラインダー加工は必ず湿式の集塵機を用いる。
>②マグネシウム合金のグラインダー設備は合金専用とし、絶対に他の合金の加工はさせてはならない。

フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業 フジ総業
マグネシウム合金に関するご相談・ご質問などはお気軽にお問い合わせください。
「お問い合わせフォーム」はこちら。 フジ総業

お電話でのお問い合わせも受け付けております。
【受付時間】
 9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)